トリキュラーの画像

トリキュラーは、素晴らしい薬です。その最大の効果は何と言っても、「避妊」。女性が服用するものなので女性自身が自分の身を守れるというところがいいですよね。トリキュラーを服用していれば、中絶などの悲しい出来事もなくなるはずです。

トリキュラーと少量と飲まないについて

トリキュラーの服用に関しては、錠剤という少量の医薬品ではありますが、毎日飲むことで避妊効果をもたらすことになります。飲まない日があってはいけないお薬なので、忘れないように毎日同じくらいの時間に飲むように、習慣をつけておきます。

日本国内においてもトリキュラーは、ピルの中でもとても人気があります。身体にやさしいことや、服用のしやすさなどもあります。小さな錠剤を毎日飲み続けることで、ほぼ確実に近い避妊ができるものなので、女性は自分の身を自分で守るためにも味方になってくれます。

トリキュラーには21錠入りもありますが、28錠のお薬が入ったタイプもあります。飲み方としては、同じように毎日飲みます。効果は同じですが、28錠の方にはプラセボの錠剤も入っています。トリキュラーを初めて飲む人や、飲み忘れてしまうのを防ぐには、21錠ではなく28錠のタイプの方が向いています。

毎日のことなので、習慣となってしまえばいいのですが、それでも人間なので、うっかり飲み忘れをする可能性はあります。21錠のトリキュラーは、自分でお薬を飲むのを休む期間も、計算して管理をすることになります。3週間という21日間の服用をしたら、自分で覚えていて7日間のお薬のお休みの期間をつくります。そして8日目になったら、次の新しいシートの錠剤をのみ始めます。

どちらかというと、21錠は上級者向けのタイプです。飲み忘れをしないでトリキュラーを服用して、避妊効果をしっかり問えるならば、やはり28錠入っているほうが安心ができます。21日間の服用をしたら、プラセボ用も入っているので、それを7日間のむことになり、おかげで飲み忘れをすることがありません。